【ノルウェー】オーロラが見られる確率は?トロムソでの体験談

オーロラ

せっかくオーロラを見に行くのであれば、どのぐらいの確率でオーロラを見ることができるのか気になりますよね。

ノルウェー北部に位置するトロムソは、オーロラ鑑賞地として人気な都市の一つです。

そんなトロムソで実際にオーロラを見る機会があったので、今回はそのときの体験談を紹介します。

トロムソ基本情報

北極圏の三大都市の一つといわれるトロムソは、「北のパリ」とよばれるほど美しい街。

街自体はこぢんまりしているものの、観光スポットが多くあり見どころ満載です。

北極圏の雄大な自然を感じられるツアーや伝統文化が体験できるアクティビティなども充実しています。

トロムソの街が一番にぎわうのは、オーロラを見るために世界中から観光客が訪れる冬です。

トロムソは統計的にオーロラが出現する確率が高い領域の中心に位置するため、オーロラを見るのに最適な場所だといわれています。

どこにある?

トロムソ(Tromsø)はノルウェー北部地方に位置する海岸沿いの都市。

トロムソイヤ(Tromsøya)という島が町の中心部です。

空港や観光スポットなども含め、観光や生活に必要なものはすべてその島に揃っています。

行き方

日本からトロムソへの直行便はありません。

フィンランドのヘルシンキやデンマークのコペンハーゲンでの乗り継ぎが一般的です。

ヨーロッパ圏からであれば、一年を通してトロムソまで直行便のある都市がいくつかあります。

  • スウェーデン(ストックホルム)
  • フィンランド(ヘルシンキ)
  • デンマーク(コペンハーゲン)
  • ドイツ(フランクフルト)
  • ポーランド(グダニスク)

冬のオーロラシーズンにはトロムソとヨーロッパの主要都市を結ぶ運航路線が増え、さらにアクセスしやすくなります。

  • イギリス(ロンドン)
  • オランダ(アムステルダム)
  • ドイツ(ベルリン、デュッセルドルフ、ハンブルグ)
  • スイス(チューリッヒ)
  • オーストリア(ウィーン)
  • フランス(パリ)
  • イタリア(ミラノ) など

ノルウェーの首都、オスロからトロムソまでは直行便で約2時間。

下記2社の航空会社はオスロ(OSL)ー トロムソ(TOS)間で毎日複数の直行便を運航しています。

スカンジナビア航空はフライト予約や空港でのセルフチェックインが日本語で対応可能!

オーロラの時期

トロムソのオーロラシーズンは8下旬から4月上旬ごろまで

5月中旬から7月下旬までは、太陽が一日中沈まない白夜とよばれる時期で暗くならないため、オーロラは見られません。

反対に11月下旬から1月中旬までは太陽が昇らない極夜になります。

暗い時間が長ければ長いほど、オーロラに遭遇するチャンスが増えるので、本格的なオーロラのシーズンは10月から3月です

特に昼間の観光と夜間のオーロラ鑑賞の両方が楽しめる2月と3月は、観光客が集中するピークシーズンとなります。

オーロラが見られる時間帯

オーロラは太陽活動によって引き起こされるので、オーロラがいつ出現するかは予測不可能。

オーロラが現れる時間帯に明確な規則性はなく、星が見えるほど空が暗ければ、どの時間帯でもオーロラに遭遇する可能性があります。

しかし、地球の自転の関係からか、一般的にトロムソでは18:00~02:00ごろが最も見えやすい時間帯だといわれています。

トロムソ発着のオーロラ鑑賞ツアーは18:00~19:00から始まるものが多いです。

ちなみに、ノルウェーでは3月の最終日曜日から10月の最終日曜日までサマータイム期間。

その期間は日没までの時間が1時間遅くなります。

日の入りが遅い9月や3月など、時期によってはツアーの開始時刻が20:00以降のこともあります。

オーロラが見られる確率

オーロラ鑑賞で有名なトロムソですが、オーロラが見られる確率はどのくらいでしょうか?

インターネットで検索してみると、「30%」、「3日に1回」、「1週間に2~3回」など、さまざまな情報があります。

ですが、どれも情報の出どころがわからず、うわさ程度のものでした。

まったく根拠がなければうわさは立たないと思うので、そのような傾向があるということでしょうか。

現在、私は自宅からオーロラが見える地域に住んでいますが、オーロラの確率を聞かれても答えられないというのが正直なところです。

1週間から数週間まったく見えないこともあれば、反対に1週間にわたって毎日のようにオーロラが出ることもあります。

「暗さ」、「天候」、「太陽活動」少なくともこの3つの条件がすべて揃わないと見ることができないオーロラ。

オーロラの確率はあくまでも参考程度に留めておくのがいいかなと思います。

トロムソでのオーロラ体験談

別荘の上空に舞うオーロラ

鑑賞場所、滞在期間

11月上旬にトロムソ郊外のHytte(別荘/山小屋)を借りて、そちらに5日間滞在しました。

別荘や山小屋の保有率が高い北欧では、AirbnbやBooking.comなどで気軽に短期間から借りることができます。

鑑賞スタイル

トロムソでのオーロラ鑑賞は、市内発着のガイド付きツアーに参加するのが一般的です。

  • バスやミニバンで一晩中オーロラを追いかけて移動するツアー
  • あらかじめ鑑賞場所が決められているツアー
  • 海上で鑑賞するクルーズツアー
  • 犬ぞり、スノーモービルなどと合わさった体験型ツアー

など、さまざまなものがあります。

トロムソの現地ツアーを予約する際は、「GetYourGuide」がおすすめ。

日本語でツアーの比較検索&予約ができ、種類も豊富です。

人気なオーロラツアーは売り切れてしまう可能性があるので、2月や3月のピーク時期に旅行する場合は早めに予約を入れておきましょう。

私は普段から自力でオーロラハンティングをしているので、トロムソでもツアーには参加しませんでした。

今回は宿泊先へ行くときやオーロラ鑑賞時の移動手段としてレンタカーも借りましたが、車で移動することなく、田舎にある宿泊先から鑑賞しました。

星空が見えるような暗い場所とオーロラ予報があれば、自力でもオーロラが見られる可能性は十分あります。

こちらの記事では、オーロラ鑑賞をする際に役立つアプリを紹介しています。

実際にオーロラが見えた確率は?

5日間トロムソに滞在し、2日間オーロラを見ることができました!

割合にしたら、40%!

一般的にいわれているトロムソでオーロラが見られる確率、30%や週に2~3日と同じくらいの結果になりました。

各日の結果

空一面に広がるオーロラ

天気やオーロラが現れた時間帯など、各日の様子を紹介します。

1日目

  • オーロラ: ✖
  • 天気: 本曇り

夜18:00ごろ宿泊先に到着。

この日の天気は星がまったく見えないような本曇りでした。

こまめにテラスに出て天気をチェックしましたが、一向によくならないので23:00ごろに諦めて就寝。

2日目

  • オーロラ: 〇
  • 天気: 晴れのち曇り

19:00ごろからオーロラが出現。

オーロラは出たり消えたりを頻繁に繰り返しながら、ピーク時には空一面がオーロラに包まれる”オーロラ爆発”も見ることができました!

約1時間半にわたりオーロラを楽しんだところで、雲が広がってきて鑑賞終了。

オーロラが出始めたときは晴れていましたが、雲の動きが速く、あっという間に曇りになってしまいました。

3日目

  • オーロラ: 〇
  • 天気: 曇りのち時々雪

3日目は空に厚い雲がかかっており、ときどき雪がちらつく天気。

オーロラの出現はあまり期待していませんでした。

しかし、21時ごろから雲の切れ間や、明るい星が見えるようなうっすらとした雲の上からオーロラが現れました。

とても強いオーロラで、雲の上からでも動きがわかるダイナミックなオーロラ。

ときおりパラパラと雪が降る中で鑑賞しました。

天気が悪くても、諦めるのはまだ早いかも

オーロラの強さや雲の厚さによっては、オーロラが見られる可能性があります!

4日目

  • オーロラ: ✖
  • 天気: 雪

4日目は朝から大雪で、夜も天気は回復せず。

オーロラが見えそうな雲の切れ間を求めて車で移動することも考え、トロムソ周辺の天気予報をチェックしましたが、どこも同じような天気でした。

トロムソ周辺の天気を地図でチェックするには、こちらのサイトが便利です。

「Yr」はノルウェーで割とよく当たるといわれている天気予報サイト。

「VENTUSKY」では、地図上で雲量が確認できるので、雲の切れ間や雲がうすい場所を探すときに役立ちます。

5日目

  • オーロラ: ✖
  • 天気: 快晴

トロムソ滞在の最終日は朝からきれいに晴れ渡っており、美しいオーロラが見られそう。

太陽活動も活発になるという予報で、さらに期待が高まります。

この日のKp値は最大で”Kp 6+”の予報でした。

Kp指数とは?

Kp指数は、太陽風によって引き起こされる地磁気活動のレベル(オーロラの強さ)を表します。

範囲は0~9まであり、値が大きいほど地磁気の乱れが大きく(オーロラが強く)なります。

  • Kp 0~2 … 静か(オーロラ弱)
  • Kp 3 … 不安定
  • Kp 4 … 活発
  • Kp 5~6 … 小中程度の磁気嵐
  • Kp 7~9 … 強い磁気嵐(オーロラ強)

空が暗くなり始める18:00ごろから、オーロラの出現を待ちながらスタンバイ。

しかし、いつまでたってもリアルタイムのKp値は”1″のままで、オーロラも現れず。

結局、24:00まで粘っても現れなかったので、翌日のフライトに備えて寝ました。

オーロラを見るための条件、「天気」と「空の暗さ」をクリアしても、肝心な太陽活動がなければオーロラは見られません。

やはりオーロラは気まぐれな現象

こちらのサイトにはライブカメラがあり、トロムソ周辺でオーロラが発生しているかどうか確認することができます。

まとめ

今回、5日間のトロムソ滞在で2日間オーロラを見ることができました。

トロムソ郊外の宿泊先から自力で鑑賞しましたが、現地ツアーに参加していれば、さらにオーロラを見るチャンスがあったかもしれません。

というのも、ツアーでは6~7時間オーロラ探しに集中でき、トロムソ周辺の天気が悪ければ、必要に応じてフィンランドなど遠くの方まで連れて行ってくれるからです。

今回はレンタカーを借りたのでオーロラを求めて移動することも可能でしたが、これが意外と難しい…

冬のトロムソ周辺の田舎道は街灯がなく真っ暗で、道幅は積もった雪で狭くなっています。

土地勘のない場所で駐車できるところを見つけるのは大変でした。

次回のトロムソ滞在では、街中からオーロラがどのくらい見られるのか調査してみたいと思います。

╲24時間前までキャンセル無料╱